大人の女性の技術|遊びの女で終わらない

男を操るテクニック

自分の思い通りに男性をリードするコツ。例えば女性が「キスしたい」と考えているとすると、ことの時女性はどうするでしょうか?

 

自分から彼の唇に唇を近づけていく。
「キスして」とせがむ。
目をつぶって待つ。

 

これらはどれも男性を喜ばせます。特に女性の方から積極的な時は男性にとってはうれしいものです。「オレをそんなにもほしいのか?」と顔がにやけてしまいます。

 

所が男性というものは勝手で、いつも女性から求められると、次第に嫌がるようになってくるのです。

 

それは、どんな美人でも同じです。特に結婚してから、毎晩のように妻がキスを求めてくると、夫はげんなりしてしまいます。

 

それは、男性の征服欲と大きく関係していて、制服前と征服後では欲望が全く反対になることすらあります。

 

制服直後は、女性が積極的に求めてくるのは大満足です。自分のセクシーさに女性が参ったのだ。と考える訳ですから、とてもかわいく思えます。

 

ところが、そのうちにふと、「オレは彼女の思い通りにされているのではないか?」と疑い出します。

 

確かに彼女はキスがしたいから、唇を寄せているわけで、それを喜ぶようでは、その時点で女性が上位になってしまいます。

 

何も実際はこんな難しく考えているわけではありませんが、男性の肉体が反応しなくなるのです。

 

わかりやすく言うと、わずらわしいのです。それに征服してしまえば、いつでも自由になる和ですから、自分の欲望が盛り上がった時に抱けばいいのです。

 

こういう男性の深層心理をつかまないと、男性は別の女性に向かってしまうでしょう。つまり、いかに魅力的な女性だったとしても、自分の思い通りに男性を操ろうとしてはなりません。

 

そこでキスしたいときには「目をつぶって待つ」という、高等技術が必要になってくるのです。これなら直接、キスを催促するわけではなく、男性が主導権を握ることになるでしょう。

 

なにも目をつむって待つだけでなくても、体を寄せてもいいし、男性が抱き寄せたなら、そっともたれかかってもいいのです。

 

反対にその気がなかったら、大きく明るい声で、セクシーな雰囲気を吹き飛ばしてもいいでしょう。